クレジットカードについています

キャッシングというと、クレジットカードの付帯機能としてついていることが多いと思われます。そして、クレジットカードを持っていれば、手軽におこなうことができると思われます。
さて、キャッシングをすることができるクレジットカードを作るとなると、審査が厳しくなることを考えないといけません。たとえば、キャッシングの機能をつけないと、クレジットカードを申し込むときに、収入証明書などは不要のことが多いです。しかし、キャッシングの機能のついたものを選ぶ時には、収入証明書なども必要となってきます。なぜならば、キャッシングのできる金額などは、収入などからその限度が決まるからです。したがって、キャッシングできる金額というものは、人によっていろいろだと考えるといいでしょう。
ただ、キャッシングの機能のついたカードを1枚持っていれば、ちょっとしたピンチの時にも役に立つといえます。給料日までもう少しという時に、ちょっと借りたいということはだれでもあると思われます。そういった時に、キャッシングというものは役立つのです。
昔の消費者金融と比べると、とてもお金を借りやすくなったといえるでしょう。ただ、返済の義務があることには変わりありません。そこは、きちんと覚えておくべきでしょう。